ノニインターナショナル 会社概要

ノニならノニジュースとノニ化粧品、石鹸の(有)ノニインターナショナル

トップページ| このサイトについて| サイトマップ| ご意見・ご感想

 
ノニインターナショナル

home > ノニインターナショナル 会社概要

商品販売・サービス販売
人気商品1
マンガイア・ゴールド
マンガイア・ゴールド
ノニジュースの最高峰です!
糖度8度業界一の美味しさ!
定価 6,300円会員 4,410円
人気商品2
マカノニジュース
マカノニジュース
ゴールドにオーガニックマカ
を配合しました!アミノ飲料
定価 6,825円会員 4,778円
人気商品3
マンガイア・エクセレント
マンガイア・エクセレント
ノニジュースの定番。初めての方はエクセレントをお勧め
定価 5,250円会員 3,150円
貴社のサイト上げます SEOプロジェクト  
Web 上位検索ネットワーク構築貴社サイトを上位表示
人気サービス1
SEO Proj ectSEO対策
検索結果を上位に!SEO対策
検索結果を上位にできます!
10位以内成功率90%以
上成果報酬をいただきません
予算 200,000円〜
人気サービス2
SEO対策済みのHP作成
SEO対策済みのHP作成
サイト作成とSEOを同時に進めます。上位表示!
成果報酬をいただきません!
予算 250,000円〜
人気サービス3
アニメーションフラッシュ
アニメーション製作
商品説明や会社概要に利用出来ます。キャラクターの作成も行っています。
予算 30,000円〜


会社概要

新時代をリードする!ノニインターナショナル
ノニインターナショナル
社 名
有限会社ノニインターナショナル
英 文
Noni International Ltd.
住 所
〒658-0065神戸市東灘区御影山手 1-2-22-304
アクセス
阪急電車 御影駅下車徒歩 3分
TEL
078-855-5454
FAX
078-855-5452
mail
創業
2003年11月
定 休
土・日・祝・GW・年末年始
マスター
28店舗
代 表
西川 諒
Staff
 6名
問合せ
TEL mail
お客様専用
お客様フリーダイアル 0120-189-076
工場
国内4ヶ所、海外6ヶ所
URL
営業時間
定 休 日
10:00〜17:00
10:00〜17:00
10:00〜17:00
10:00〜17:00
10:00〜17:00
定 休 日
Webサイトによる販売
365日24時間受付
業 務
輸入・製造・販売、OEM、アニメ、Web作成、SEO対策、飲食、化粧品、会社組織表
説 明
直輸入から製造、販売に至るまで一貫経営をしています。更に販促活動に関するSEO対策ウェブ作成、ネットコンサルティングからデザイン全般、アニメ制作。
更に広告媒体の提供まで総合支援を行っています。従って、販促の企画・制作・広告までを総合的にサポートすることができます。ネットに関することはノニインターナショナルにお任せ下さい。
その他
ネットショップ経営アドバイス
代理店エリア
北海道
青森
千葉県
秋田
富山
石川
福井
新潟
長野
栃木
群馬
茨城
千葉
東京(3)
神奈川
愛知
静岡
兵庫
京都
岡山
徳島
高知
福岡
宮崎

セースルポイント

【オーガニック原料の輸入から製造〜販売、OEMまで】
有限会社ノニインターナショナルは、アイツタキ島、マンガイア島、ニウエ島などからノニジュースをミャンマーからノニとウコン、中陝西省からサジー、ペルーからマカとカムカム、マダガスカル産バニラビーンズ、ブラジル産アサイーなどの原料を輸入し国内で商品化し販売している総発売元です。
またその他にぺットフードに化粧品や石鹸、髪の毛サプリメントなども開発をしてOEMなどの提供も行っています。

詳細情報

SEO実績
200サイト
OEM実績
25社

ノニインターナショナルのセールスポイント 3点
1:現地視察、弛まない研究と実地調査を行います!
ノニ

弊社は商品化をする際に必ず現地を訪れ、原料だけではなく、土 の状況から栽培方法、分析、そして生産者の考え方や製造工程 なども確認をし、次に市場性や輸送方法、コストの問題を検討を します。
その条件が全てクリアーした時点で商品化を行います。   

2:多様な要望や質問に対して、迅速に的確な回答ができます!
迅速・的確な回答

弊社は会社としての規模は小さいですが、エキスパート集団で す。商品のことから販売、運営、企画、Web作成、SEO、デザイ ン全般などに関するまであらゆることについて明確にしかも迅速 にお答えすることが出来ます。
お客様を待たせません!!

3:全ての製造に関して小ロットを実現化!
製造

弊社は全て小ロット製造の体制で行っています。今や大量生 産、大量消費をする時代ではありません。無駄な倉庫や輸送費 、管理をしないでビジネス展開を推進しています。
従いまして、OEM供給に関しましても大量製造をする必要がありません。