皮膚の構造と機能

ノニならノニジュースとノニ化粧品、石鹸の(有)ノニインターナショナル

トップページ| このサイトについて| サイトマップ| ご意見・ご感想

 
ノニインターナショナル
サジーのトップ > 皮膚の構造と機能

皮膚の構造と機能について

皮膚の構造と機能

人間の皮膚は大きく分けて「表皮」「真皮」「皮下組織」の3層から成り立っています。
表皮は一層の細胞が密に並んだ構造で外からの刺激から肌を守る働きをし、気孔で蒸散の水分調整を行います。厚さは約0.2mm程で防御や保護作用が極めて高い部分になっています。
表皮は約28日周期で細胞が入れ替わるといわれています。表皮は角質層、顆粒層、有棘層、基底層の4つの層からなります。
真皮は皮膚の本体であり、肌のハリや弾力、新陳代謝の役割を担っています。コラーゲン、エラスチン、プロテオグリカンなどで構成されています。
皮下組織は大部分が皮下脂肪で構成されています。主に体温を保ち、筋肉や骨と接しており、外部からの衝撃を和らげるクッションの役割を果たしています。そして皮膚の構造と機能がバランスよく正常に働かなければいけません。その中でも真皮層は重要な役割をもたらせます。引く力に対して非常に強い膠原線維の「コラーゲン」に水分を保つ「ヒアルロン酸」、元の形に戻る事ができる弾性を持っている弾性線維の「エラスチン」のバランスが整って始めて健康な肌になるのです。


エラスチンの働き

エラスチンはこのコラーゲンの網目状の部分を束ねてスプリングのようなコイル状に巻きついて存在しているのです。
お肌のシワは、このエラスチンの構造が崩れてしまっているからなのです。コラーゲンばかりが注目されていますが実はエラスチンの方が影響しているようです。エラスチンは、コラーゲンを支えるスプリングのような働きをしていますので、このエラスチンが不足することによってコラーゲンを支えることが出来なくなり、その影響で肌の弾力がなくなてしまいシワやたるみの原因へと繋がっているのです。
エラスチンは紫外線を浴びることやストレスなどの活性酸素によって量が減ったりまた変質したりしてしまいます。肌は本来、正常な方向に向かって弾力性を維持しているのですが、紫外線にさらされることによりエラスチンが変性されて硬くなり、弾力性が失われてしまうのです。


 

がっつり+円高還元