フコイダン選び方

ノニならノニジュースとノニ化粧品、石鹸の(有)ノニインターナショナル

トップページ| このサイトについて| サイトマップ| ご意見・ご感想

 
ノニインターナショナル

ドッグサプリメントのフコイダンに低分子はありえません!

フコイダン ウソ

市場では低分子・超低分子といったフコイダンがあふれています。
しかし、フコイダンは全て高分子です。
低分子のフコイダンは存在しません。
低分子が吸収に良いといったウソの宣伝を行っています。
このようなことが許されてよいのでしょうか?

なぜフコイダンは高分子なのでしょう?

高分子とは、多数の原子が共有結合してできる分子です。一般的には原子の数が千個程度以上、あるいは分子量が1万程度以上であれば典型的な高分子とみなされます。

天然の高分子は生体高分子ともいわれますが、タンパク質、核酸、脂質、多糖類、天然ゴムなどでフコイダンは多糖類になります。

このフコイダンはコンブ、ワカメ、モズクなど褐藻類の粘質物に多く含まれる硫酸多糖の一種で、主に L-フコースがα1-2、α1-4結合で数十から数十万個も繋がった化合物で、グルクロン酸を含む U-フコイダン、硫酸化フコースだけからなる F-フコイダン、ガラクトースを含む G-フコイダンなどに分けられます。

弊社のフコイダンは○フコイダンになります。

低分子 フコイダン フコース

では、低分子は何でしょう。
これよりも結合している原子が少ないものを指します。
例えば「水(H2O)」。これは水素2と酸素1が繋がった物質ですね。
「水」が吸収しにくいからと「水素」と「酸素」に分解してしまえばただの気体になってしまいます。

もし、高分子であるフコイダンを低分子に加工することができるならばそれはもう「フコイダン」ではなくなってしまいます。

以上のことから地球上には低分子の「フコイダン」など存在するわけはありません。
こんなウソを堂々と宣伝している業者は信用できません。

フコースについて

フコース(fucose )は、デオキシ糖の一種である6−デオキシ-ガラクトースで、化学式はC6H12O4、分子量164.16、融点163℃、比旋光度−76゜で六炭糖、単糖に分類されます。
6−デオキシヘキソースはメチルペントースとも呼ばれます。
天然にはL型がL−フコシドの形で、動植物に幅広く存在します。
名前の由来は、ヒバマタ(Fucus)という海藻の細胞壁多糖類であり昆布のねばねば成分としても知られるフコイダン(Fucoidan)で発見されたためです。