フコイダンって何ですか?

ノニならノニジュースとノニ化粧品、石鹸の(有)ノニインターナショナル

トップページ| このサイトについて| サイトマップ| ご意見・ご感想

 
ノニインターナショナル

ドッグサプリメント 「HAKA」のフコイダンって何?

フコイダン 成分 多糖類 フコイダンは硫酸化多糖体の一種で、モズク等、褐藻類の表面を覆う「ヌルヌル成分」に含まれていて、水溶性食物繊維の一種です。
化学的には、硫酸化フコースを主とする多糖体です。
海藻類全般に含まれる硫酸化アミノ多糖類(食物繊維の一種)の総称をいいます。

このヌメリ成分は海藻の種類によって構造や含有量が違いますが、モズクに最も多く含まれる「硫酸化フコース」というヌメリ成分に (コンブの5倍〜8倍の含有量だといわれています)栄養があることが分かってきました。

「フコイダン」は今から約90年前の1913年に、スウェーデンのウプサラ大学のキリン教授によってコンブのヌメリ成分の一つとして発見され、当時は「フコイジン」と命名されていました。
分子構造が複雑で、抽出や分析が困難であったことから、近年まで研究されることがありませんでした。
その後、国際糖質命名規約によって「フコイダン」と呼ばれるようになりました。

褐藻類のフコイダンは、このように糖がいくつも結合しあってくっついた「多糖体」に分類されますが、構成する糖には、「フコース」「キシロース」「ガラクトース」などの種類があります。
フコイダンについては未だ明確な定義づけはされていませんが、通常構成糖にフコースのみを持つものを「フコイダン」、フコース以外の糖を含むものを「フコイダン様多糖体」と称しています。
しかし、これらを総称してフコイダンと呼んでいます。

フコース フコイダン 糖質 フコイダンの性質は高分子多糖体といって、糖質が複雑に絡みあった構造をしていることが分かってきました。
「遠方よりフコイダンの原料を輸入し、加工しようとすると硫酸基の含有量はごく微量になってしまいます。
フコイダンエキス原末は、沖縄で取れたオキナワモズクをその場ですぐに 加工している為、フコイダンの含有量だけでなく 硫酸基の含有量にも優れているのです。」


といういい加減なフコイダンを販売しているショップがありますが、どこにも硫酸基率の記載がありません。
一番大事なことは加工の技術です。
当店のフコイダン「Genuine」は、フコイダン率85%以上、硫酸基率18%あります。 データーも公開していない数値の記載はいくらでも書けます。

上記のようなフコイダンには十分注意が必要です。