Mr.ノニの大爆笑ブログ [49]

ノニならノニジュースとノニ化粧品、石鹸の(有)ノニインターナショナル

トップページ| このサイトについて| サイトマップ| ご意見・ご感想

 
ノニインターナショナル

Mr.ノニの大爆笑ブログ [49]

Mr.ノニの大爆笑ブログ [49]

2005年08月22日

マスター会議、盛り上がりました!

無事にマスター会議を終えました。

南米ハーブについても新ノニジュースについても会議でマスターに発表してから ブログの続きを行おうと思っていました。
今日は、発送のお手伝いだけで1日が終わってしまいました。
明日から、頑張ってブログ、やります♪

金沢の棟方志功を登場させます。

Mr.ノニ

2005年08月23日

わんつかばし待ってしてけろじゃ。

今日からマスター会議についてお話していこうと思います。

ノニ「お〜っとそこに現れたのは本家本物〜!!」

棟「わが棟方だ。金沢の白藤さん仲良くやりましょう!皆さんはわのことば知っていだよか?知らん? へば自己紹介させてもらいましょう。」

わは、1903年9月5日に幸吉とさだの三男として生まれたんずや。

なして、絵ば書くようになったのかって?
18歳の時に初めてゴッホの画ば見せられて感動したんずや。
そんで「わだば、ゴッホになる」と油絵ば書くことにしたんずや。

画家としては遅かったと思うんだばって。
わの絵は「倭画」と言われてらようだ。
とごろが23歳の時に転機が訪れたんずや。

版画に触れて触発されたんずや。
以来、わは「板画」と称し、木版の特徴ば生かした作品ば一貫して作り続けたんずや。

第8回日本創作版画協会展、第6回春陽展に版画が続けて入選していだよ。

わの代表作品だんずな?
やっぱりサンパウロ・ビエンナーレでの「釈迦十大弟子」だべね。

青森市名誉市民第1号
20世紀の美術を代表する世界的巨匠。

棟「所でおめも彫刻家?何故金沢の棟方なの?」

「はぁーい、はぁーい、はぁーい。司会の桂三枝です。私が説明しましょう。」

ということで、明日は北陸地区ノニマスターの白藤さんの会議での出来事をお送りいたします。

Mr.ノニ